家電量販店で販売員として毎日忙しい日々を過ごしていますが、販売員としてお客様に購入していただいた家電製品をお届けに伺うこともあります。
家電製品は、必ずしも自宅で使うものではなく、様々な場所で使用することでしょう。
そのためオフィスやお店にお届けすることもあります。
その中で、近年、非常に増えてきているのがレンタルオフィスというものです。
つい先日は表参道のレンタルオフィスに、購入した加湿器をお届けに上がりました。

入り口の段階で既に豪華!

恥ずかしながら私はレンタルオフィスというものの存在を知りませんでした。
レンタルオフィスは小規模や中規模のオフィスを探しているのであればコスト面で非常に有利に働くようです。
都内の高級エリアでは、坪単価3万円以上になるところもあり、このようなところで物件を借りるとなると、莫大な費用がかかってしまいますよね。
私が先日加湿器を搬入した表参道のレンタルオフィスは非常に豪華でびっくりしました。
まずは入り口の階段ですでに豪華であることが伝わってきました。
このレンタルオフィスの下の階には高級ブランドショップが入っています。
オフィスのグレードも高く、高級感のある受付に広々としたラウンジが目の前に広がりました。
きっとレンタルオフィスとはいえ、かなり料金がかかるんだろうなと感じました。
家電量販店で仕事をしている私は、一度でいいからこんな高級感の漂うオフィスで働いてみたいなと思いました。
まあ今の私には家電量販店がぴったりなのですけどね。

PRサイト
表参道のレンタルオフィス【コクア】
バーチャルオフィスとしても利用可能です。

加湿器導入はインフルエンザ防止のために社長が決めたそうです

加湿器を搬入する際に、説明したいことがあったので、受け取りに対応してくれたスタッフと少し立ち話をしました。
その際に、この加湿器はインフルエンザ防止にと社長が導入を決めたということでした。
確かに冬の時期は本当にインフルエンザが流行しますよね。
私も昨年はインフルエンザにかかり大変でした。
特に家電量販店は様々なお客様がくるところなので、菌も蔓延していることでしょう。
職場の他の販売員も何人もインフルエンザにかかっていました。
今回販売した加湿器は業務用のもので、50畳の広さに対応しています。
冬の室内は、ひどい時には湿度が20パーセントほどになってしまうこともあります。
しかし加湿器を使って部屋の湿度を上げると湿度を50パーセントから60パーセントほどに保つことができるようになります。
一定の湿度にしておくことで、インフルエンザの予防にもつながります。
また加湿器を使うことで、体感温度があがって同じ室温でも暖かく感じるし、乾燥を防ぐことができるので、肌にものどにもよく、女性社員は非常に喜ぶことでしょう。