副業を考えるときには様々な業種はありますが、可能なかぎりお金をかけたくない人にとって経費があまりかからないものは非常に魅力的に感じるはずです。
経費がかからなければ、仮にうまくいかなかったとしても撤退がしやすいでしょう。
また、これから東京オリンピックが開かれて外国人が日本にやって来る機会が多くなるため、外国人向けに副業を始めることも考えられます。
インターネットで行うものではなく実際に場所を借りて行うことができれば、それなりの収入につなげることができるはずです。
その一つが簡易宿泊所になります。

airbnbに次ぐ宿泊のカタチ

簡易宿泊所は昔からありますが、日本人の高齢者が泊まるようなところではなく、これから日本にやってくる外国人のための宿泊所として開業するものです。
現在日本では、airbnbを行っているところも増えてきており、気軽に外国人が宿泊できる場所として人気を集めています。
airbnbと似たような形になりますが、簡易宿泊所はお金が余りかからないため設備や備品などはそれほど用意する必要がありません。
あくまで雨風を防ぐことができ、快適にそして安全に宿泊できれば問題ないと考えます。
副業として儲かるためには、自分の家を利用してもよいですが、それだとairbnbと同じになってしまうため、空きテナントを利用することでもうけることができるようになるでしょう。
テナントといってもそれほど大きなところではなく小さなところで構いませんが、かといってセキュリティがしっかりしているところを選ばなければなりません。
それと同時に、音漏れがしにくく睡眠をとりやすい場所を確保する必要があります。

PRサイト

空きテナントなどの有効活用で観光客の誘致を促進

空きテナントを利用する場合であれば、建物の一階よりも建物の2階以上の方が良いことがわかるでしょう。
まず安全面では一階よりも2階以上の部屋にした方がトラブルが少なくなる可能性があります。
また、上の階のほうが音が静寂ですので都会の真ん中に借りたとしても音の問題が少なくないでしょう。
ただし、テナントといっても事務所として使うために貸してくれるところは多いですが、人を宿泊させる場所として貸してくれるオーナーは限られてきます。
まずは絞り込みを行い、条件として人を宿泊させても問題ないとしているテナントを選ぶようにしましょう。
また、賃料がどれぐらいになるかも問題ですが、新しい建物でなくてもそれなりに設備が整っているところもありますので、少し古い建物を借りても問題ありません。
少なくとも、東南アジアなどの外国の建物に比べれば古さ以外はあらゆる面で優れていますので、築30年以上の建物でも全く問題ないでしょう。